被リンクを自分で獲得できるサービスと獲得する際の注意点

被リンクを自分で獲得できるサービスと獲得する際の注意点

被リンクはSEO対策の要であり、質の高い被リンク獲得は検索エンジンのランキングを向上させる重要な要素です。しかし、適切な被リンクを獲得するためには戦略が必要です。

本記事では、自分で獲得すべき被リンクの特徴、具体的な獲得方法、そして注意点について解説します。この記事を読むことで、SEO対策における被リンクの重要性を理解し、効果的に被リンクを獲得するための知識と方法を学ぶことができます。

この記事を読むことで得られるメリット

被リンクは、SEO対策において非常に重要な要素です。特に、質の高い被リンクは検索エンジンのランキングを大きく左右します。しかし、被リンクを獲得するためには戦略が必要です。この記事では、自分で獲得すべき被リンクの特徴と、それを得るための具体的な方法、そして注意点について解説します。

株式会社エンカラーズは横浜のデジタルマーケティングカンパニーです。実際にウェブメディアやEC事業の運営を創業時から現在まで行っているからこそ提供できる実践的なノウハウを発信致します。

事業内容・サービス

デジタルマーケティング支援(SEO対策・Web制作・ECサイト制作・コンサルティング・広告運用代行)

目次

自分で獲得すべき被リンクとは

自分で獲得すべき被リンクとは

被リンクには多くの種類がありますが、全てのリンクが同じ価値を持つわけではありません。効果的なSEOを実現するためには、質の高い被リンクを自分で選び、獲得することが重要です。以下に、自分で獲得すべき被リンクの主な特徴を説明します。

サイトとの関連性が高い

サイトとの関連性が高い

被リンクの関連性は非常に重要です。リンク元のサイトが自分のサイトと関連性が高い場合、そのリンクは検索エンジンに対してより高い評価を受けます。関連性の高いサイトからのリンクは、ユーザーにも有益であり、自然なトラフィックを引き込むことができます。

例えば、料理レシピのブログを運営している場合、食品関連のサイトや他の料理ブログからの被リンクは非常に効果的です。一方で、全く関係のない工業製品のサイトからのリンクは、検索エンジンに対してもユーザーに対してもあまり価値を持ちません。

関連性の高いサイトからリンクを得るためには、同じジャンルのブログやサイトとの交流を深めることが重要です。ゲスト投稿や相互リンク、専門フォーラムへの参加などが有効な手段です。また、質の高いコンテンツを提供することで、自然にリンクが増えることも期待できます。

ドメインパワーが高い

ドメインパワーが高い

ドメインパワーとは、サイト全体の信頼性や権威を示す指標です。ドメインパワーの高いサイトからの被リンクは、SEOにおいて非常に効果的です。検索エンジンは、信頼性の高いサイトからのリンクを高く評価し、その結果としてリンク先のサイトの評価も向上します。

ドメインパワーが高いサイトとは、例えばニュースサイトや政府機関、大学などが該当します。これらのサイトからのリンクは、非常に価値が高いと言えます。

高いドメインパワーを持つサイトからリンクを得るためには、信頼性のある情報を提供し続けることが不可欠です。専門的な記事やデータ、リサーチ結果などを公開し、それが引用されることで自然に被リンクを増やすことが可能です。また、プレスリリースを通じてメディアに取り上げられることも効果的です。

nofollowよりdofollow

nofollowよりdofollow

被リンクには「nofollow」と「dofollow」の2種類があります。「dofollow」リンクは、リンク元のサイトからリンク先のサイトに対して評価を伝えるもので、SEOにおいて大きな影響を持ちます。一方、「nofollow」リンクは、リンク元の評価をリンク先に伝えないもので、SEOへの直接的な効果は限定的です。

「dofollow」リンクを獲得するためには、質の高いコンテンツを提供し、他のサイトにとってもリンクする価値があると認められることが重要です。具体的には、役立つ情報や独自の視点、詳しいガイドなどが含まれます。

しかし、「nofollow」リンクも全く無価値ではありません。例えば、大手ソーシャルメディアやフォーラムサイトからの「nofollow」リンクは、トラフィックの増加やブランド認知度の向上に役立つことがあります。そのため、バランスを考えて両方のリンクを獲得する戦略が求められます。

以上の点を踏まえて、被リンクを獲得する際には、そのリンクが自分のサイトにとって本当に価値があるかどうかを見極めることが重要です。関連性の高いサイト、ドメインパワーの高いサイト、そして「dofollow」リンクを重視しながら、バランスの取れたリンク戦略を構築していきましょう。

参考:被リンクチェックツール!無料・有料のおすすめ被リンクチェックツール

自分で被リンクを獲得する方法

自分で被リンクを獲得する方法

被リンクを自分で獲得することは、SEO戦略の中で非常に重要です。質の高い被リンクを得ることで、サイトの検索エンジンランキングを向上させることができます。以下では、具体的な被リンク獲得方法について詳しく説明します。

EEATを意識したサイトを作る

EEATを意識したサイトを作る

EEATとは、Expertise(専門知識)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の略で、Googleが評価する重要な指標です。これらの要素を意識してサイトを作ることで、高品質な被リンクを自然に獲得することができます。

まず、専門知識を持ったコンテンツを提供することが重要です。自分の専門分野に特化した記事やガイドラインを作成し、読者にとって有益な情報を提供しましょう。信頼できるデータや引用を用いることで、権威性を高めることができます。

次に、信頼性を高めるためには、サイトのデザインやユーザーエクスペリエンス(UX)を向上させることが不可欠です。SSL証明書を導入し、安全性を確保することも信頼性を向上させる一助となります。これらの要素を整えることで、他のサイトからも自然にリンクを受けやすくなります。

参考:品質評価ガイドラインの最新情報: E-A-T に Experience の E を追加  |  Google 検索セントラル ブログ

読者のニーズを満たすサイトを作る

読者のニーズを満たすサイトを作る

読者のニーズを満たすことは、被リンクを獲得するための基本です。ユーザーが求めている情報や解決策を提供することで、他のサイトからリンクを受けやすくなります。

まず、ターゲットオーディエンスを明確にし、そのニーズを把握することが重要です。読者が求めているコンテンツを提供することで、彼らの信頼を得ることができます。また、定期的にコンテンツを更新し、最新の情報を提供することで、読者の関心を維持することができます。

さらに、ユーザーのフィードバックを積極的に取り入れ、サイトの改善に努めることも重要です。コメント欄やアンケートを通じて、ユーザーの意見を収集し、それを反映したコンテンツを作成することで、読者満足度を高めることができます。これにより、自然と被リンクが増えることが期待できます。

企業に自社サイトの被リンク営業を行なう

企業に自社サイトの被リンク営業を行なう

自分のサイトに関連する企業や団体に対して、直接的に被リンクのお願いをする方法もあります。これは、自分のサイトの価値を理解してもらい、リンクを提供してもらうための効果的な手段です。

まず、ターゲットとなる企業や団体をリストアップし、それぞれのサイトを詳しく調査します。その上で、自社サイトの内容がどのように役立つかを明確にし、具体的な提案を行います。メールや電話を通じて丁寧にアプローチし、相手のニーズに応じた提案を行うことが重要です。

また、企業と共同でプロジェクトを行うことも被リンクを得る一つの方法です。共同でイベントを開催したり、調査レポートを作成したりすることで、相互にリンクを張り合うことができます。このようなコラボレーションは、双方にとって有益な結果をもたらします。

被リンク獲得代行サービスを使う

被リンク獲得代行サービスを使う

被リンク獲得代行サービスを利用することも一つの方法です。これらのサービスは、プロフェッショナルなアプローチで被リンクを獲得してくれます。時間やリソースが限られている場合に特に有効です。

代行サービスを選ぶ際には、その信頼性と実績を確認することが重要です。レビューや口コミをチェックし、信頼できる業者を選びましょう。また、リンクの質にも注意が必要です。質の低いリンクはかえってSEOに悪影響を及ぼすことがありますので、品質を重視したサービスを選ぶことが大切です。

代行サービスを利用することで、時間を節約しながらも高品質な被リンクを獲得することができます。しかし、全てを任せるのではなく、自分でもリンクの状況を定期的にチェックし、必要に応じて修正や改善を行うことが重要です。

X(旧Twitter)やFacebookなどのSNSを活用する

被リンク獲得代行サービスを使う

SNSは被リンクを獲得するための強力なツールです。X(旧Twitter)やFacebookなどのプラットフォームを活用することで、自分のコンテンツを広く共有し、リンクを引き付けることができます。

まず、SNSでのプレゼンスを確立することが重要です。定期的に価値のあるコンテンツを投稿し、フォロワーとのエンゲージメントを高めます。また、ハッシュタグを活用して、関連するコミュニティにリーチすることも効果的です。

さらに、他のユーザーとのコラボレーションや情報交換を通じて、自分のサイトへのリンクを増やすことができます。例えば、同じ分野のインフルエンサーや専門家と連携し、お互いのコンテンツを紹介し合うことで、自然に被リンクが増えることが期待できます。

被リンクを獲得できるサービスを利用する

被リンクを獲得できるサービスを利用する

インターネット上には、被リンクを獲得するための専門サービスが多数存在します。これらのサービスを利用することで、効率的に被リンクを増やすことが可能です。

例えば、リンクビルディングのプラットフォームやマーケットプレイスを利用することで、質の高いリンクを見つけることができます。これらのサービスでは、ドメインパワーや関連性などの基準でリンクを選定し、提供しています。

サービスを選ぶ際には、その信頼性と提供するリンクの質を確認することが重要です。信頼できるサービスを利用することで、効果的に被リンクを獲得し、SEOパフォーマンスを向上させることができます。

これらの方法を組み合わせて実践することで、質の高い被リンクを効果的に獲得し、サイトのSEOを強化することが可能です。それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますので、自分の状況や目標に応じて最適な戦略を選びましょう。

自分で被リンクを獲得できるサービス11選

自分で被リンクを獲得できるサービス11選

被リンクを自分で獲得することは、SEO対策において重要なステップです。以下では、自分で簡単に被リンクを獲得できる11のサービスを紹介します。

にほんブログ村

にほんブログ村
https://blogmura.com

にほんブログ村は、日本最大級のブログコミュニティサイトです。ブログを登録することで、自分のサイトへの被リンクを獲得することができます。

このサービスは、多くのカテゴリーに分かれており、専門分野に特化したリンクを得ることが可能です。また、ブログ村のランキングに参加することで、さらなる露出を図ることができます。読者が興味を持ちやすいカテゴリに登録することで、効果的にトラフィックを増やすことができます。

はてなブックマーク

はてなブックマーク
https://b.hatena.ne.jp/

はてなブックマークは、ユーザーが興味を持ったウェブページをブックマークし、共有するサービスです。自分のサイトやブログ記事をブックマークすることで、多くのユーザーにアクセスされるチャンスが広がります。

また、はてなブックマークで多くのブックマークを獲得すると、トップページやカテゴリページに表示される可能性が高まります。これにより、さらなるトラフィック増加と被リンクの獲得が期待できます。

Linktree(リンクツリー)

Linktree(リンクツリー)
https://linktr.ee

Linktreeは、複数のリンクを一つのページにまとめることができるサービスです。特にSNSのプロフィールにリンクを追加する際に便利です。

このサービスを利用することで、複数のサイトやコンテンツへのリンクを一元管理でき、訪問者に簡単にアクセスしてもらえます。また、各リンクに被リンク効果が期待できるため、SEOにも有効です。

人気ブログランキング

人気ブログランキング
https://blog.with2.net

人気ブログランキングは、ブログのランキングサイトで、多くのユーザーが参加しています。ブログを登録し、ランキングに参加することで、自分のサイトへの被リンクを獲得することができます。

ランキング上位になることで、多くの訪問者をサイトに引き込むことができ、自然と被リンクが増える可能性もあります。定期的に更新し、読者の関心を引く内容を投稿することで、ランキングでの露出を高めましょう。

note(ノート)

note(ノート)
https://note.com

noteは、クリエイターがコンテンツを投稿し、共有できるプラットフォームです。記事やエッセイ、写真、音楽など、様々な形式のコンテンツを公開することができます。

自分のブログやサイトの内容をnoteに投稿し、リンクを貼ることで被リンクを獲得することが可能です。また、noteのコミュニティ内でフォロワーを増やすことで、さらなるアクセス増加とリンク効果を期待できます。

参考:noteからの被リンクは効果ない?noteを利用した被リンク施策

ペライチ

ペライチ
https://peraichi.com

ペライチは、簡単にウェブページを作成できるサービスです。特にキャンペーンページやランディングページの作成に適しています。

このサービスを利用して、特定のテーマに関するページを作成し、リンクを貼ることで被リンクを得ることができます。SEO対策を意識したページ設計を行い、他のサイトからのリンクを誘導しましょう。

Tumblr(タンブラー)

Tumblr(タンブラー)
https://www.tumblr.com/

Tumblrは、ブログプラットフォーム兼SNSとして広く利用されています。自分のブログ記事をTumblrに投稿し、リンクを追加することで被リンクを得ることが可能です。

また、Tumblrのリブログ機能を利用することで、自分の投稿が広く拡散されるチャンスがあります。多くのフォロワーを獲得することで、さらなるアクセス増加と被リンクの強化が期待できます。

Ameba Ownd(アメーバオウンド)

Ameba Ownd(アメーバオウンド)
https://www.amebaownd.com

Ameba Owndは、アメーバブログの姉妹サービスで、簡単にウェブサイトを作成できるプラットフォームです。自分のブログやサイトへのリンクを貼ることで、被リンクを獲得することができます。

Ameba Owndは、豊富なデザインテンプレートと使いやすい編集機能を提供しており、プロフェッショナルなサイトを短時間で作成できます。SEO対策にも効果的な設計を施すことで、リンク効果を最大限に引き出しましょう。

NewsPicks(ニュースピックス)

NewsPicks(ニュースピックス)
https://newspicks.com

NewsPicksは、ビジネスパーソン向けのニュース共有プラットフォームです。自分のサイトやブログ記事を共有し、リンクを貼ることで被リンクを獲得できます。

特にビジネスや経済に関するコンテンツを投稿することで、専門性の高いユーザーからのリンクを得ることが期待できます。また、コメント機能を活用して、ディスカッションに参加することでさらなる露出を図りましょう。

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterest(ピンタレスト)
https://www.pinterest.jp

Pinterestは、画像共有を中心としたSNSです。自分のサイトやブログの画像をピンし、リンクを追加することで被リンクを獲得することができます。

特にビジュアルが重要なコンテンツに適しており、画像からサイトへのトラフィックを誘導することが可能です。効果的なピンを作成し、関連するボードに追加することで、アクセス増加を図りましょう。

ブログサークル

ブログサークル
https://blogcircle.jp

ブログサークルは、ブロガー同士が交流するためのコミュニティサイトです。自分のブログを登録し、他のブロガーとリンクを交換することで被リンクを獲得できます。

ブログサークル内で積極的に交流し、コメントを残すことで他のブロガーとの関係を深め、相互リンクを増やすことが期待できます。また、定期的に記事を更新し、コミュニティ内での存在感を高めることが重要です。

HTML名刺

※現在はサービス終了

HTML名刺は、オンライン上で自分の名刺を作成できるサービスです。プロフィール情報やリンクを追加することで、自分のサイトへの被リンクを獲得できます。

HTML名刺を活用することで、ビジネスのネットワークを広げると同時に、SEO効果も期待できます。リンクを追加する際には、関連性の高いキーワードを用いて、検索エンジンに対する効果を最大限に引き出しましょう。

これらのサービスを活用して、効果的に被リンクを獲得し、サイトのSEOパフォーマンスを向上させましょう。それぞれのサービスの特徴を理解し、自分のサイトに最適な方法を選び、戦略的にリンクを増やすことが重要です。

自分で被リンクを獲得する際に気を付けること

被リンクを獲得する際には、ただリンクを増やすだけではなく、その質と信頼性を考慮することが重要です。以下に、被リンクを獲得する際に気を付けるべき点を解説します。

悪質なサイトからの被リンクをなくす

悪質なサイトからの被リンクは、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。検索エンジンは、信頼性の低いサイトからのリンクを評価しないだけでなく、場合によってはペナルティを科すこともあります。

まず、定期的に被リンクプロファイルをチェックし、悪質なサイトからのリンクを特定することが重要です。これには、Google Search Consoleなどのツールを使用するのが効果的です。悪質なリンクが見つかった場合は、リンクの削除を依頼するか、Googleのディスアヴォウツールを使用して無効化することを検討しましょう。

また、被リンクを獲得する際には、リンク元のサイトの信頼性や品質をしっかりと確認することが重要です。関連性の高い、高品質なサイトからのリンクを目指すことで、SEO効果を最大限に引き出すことができます。

参考:被リンクは意味ない?ペナルティへの対処法

被リンクを購入しない

被リンクを購入する行為は、短期的にはSEO効果を期待できるかもしれませんが、長期的には非常にリスクが高い行為です。検索エンジンのガイドラインに違反するため、発覚した場合には重いペナルティが科されることがあります。

購入した被リンクは、多くの場合、質が低く、不自然なリンクであることが多いです。これらのリンクは、検索エンジンによってスパムと見なされる可能性が高く、サイトの信頼性を著しく損ないます。

被リンクを自然に獲得するためには、質の高いコンテンツを提供し、読者や他のサイト運営者にとって有益な情報を発信することが重要です。リンクベイト(魅力的なコンテンツ)を作成し、SNSやコミュニティでシェアすることで、自然な被リンクを増やす努力をしましょう。

参考:被リンクを購入するリスク

まとめ

被リンクを自分で獲得することは、SEOにおいて非常に重要です。しかし、その過程でいくつかのポイントに注意を払うことが必要です。悪質なサイトからの被リンクを排除し、被リンクの購入を避けることで、検索エンジンからの信頼を維持することができます。

質の高いコンテンツを提供し、関連性の高いサイトから自然なリンクを得ることを目指しましょう。また、紹介した各サービスを活用することで、効果的に被リンクを増やすことができます。これらのポイントを押さえた上で、戦略的に被リンクを獲得し、サイトのSEOパフォーマンスを向上させましょう。

目次