オウンドメディアに意味はない?失敗の原因と成功への戦略

オウンドメディアを立ち上げる企業が増える中、その効果を疑問視する声も少なくありません。

本記事では「オウンドメディアは意味がない」とされる理由から、その成功への具体的な戦略までを解説します。成果を上げるためのポイントを押さえて、真に価値あるオウンドメディア運営を目指しましょう。

株式会社エンカラーズは横浜のデジタルマーケティングカンパニーです。実際にウェブメディアやEC事業の運営を創業時から現在まで行っているからこそ提供できる実践的なノウハウを発信致します。

事業内容・サービス

デジタルマーケティング支援(SEO対策・Web制作・ECサイト制作・コンサルティング・広告運用代行)

目次

オウンドメディアが意味ないと言われる理由

オウンドメディアが意味ないと言われる理由

オウンドメディアが意味ないと言われる理由には、次のような理由が挙げられます。

  • 投資対効果が測りにくい
  • 競争が激化している
  • 明確な目的がない

下記ではオウンドメディアが意味ないと言われる理由について詳しく解説していきます。

投資対効果が測りにくい

オウンドメディアの効果測定は難しく、特に短期的なROI(投資対効果)を把握するのが困難です。

そのため、多くの企業がコストばかりを気にして正当に評価できないことがあり得ます。

例えば、ウェブサイトへのアクセス数やソーシャルメディアでのシェア数は増加しても、それが直接的な売上や顧客獲得に結びついているのかを証明するのは容易ではありません。

さらに、オウンドメディアは長期的な投資であり、その効果はすぐに現れない場合もあります。

そのため、短期的な成果に焦点を当てると、その価値を見誤ってしまう可能性があります。

マーケティングの世界では、従来の広告やキャンペーンのように、明確な費用対効果を測定できるものが重視されてきました。

しかし、オウンドメディアは、顧客との長期的な関係構築やブランドイメージの向上といった、短期的な数値では測れない価値を生み出す可能性を秘めています。

そのため、オウンドメディアの効果を正しく評価するためには、短期的なROIだけでなく、顧客エンゲージメントやブランド認知度、顧客満足度といった長期的な指標も考慮する必要があります。

参考:オウンドメディアのメリットとは?企業に役立つ活用法とポイントを解説

競争が激化している

デジタルコンテンツの増加により、同じ市場での競争が激しくなっています。

このため、自社の声を効果的にユーザーに届けるのが困難になっています。

例えば、特定のキーワードで検索した際に、膨大な数のウェブサイトやブログ記事が表示されるため、ユーザーの目に留まることは容易ではありません。

さらに、ソーシャルメディアでは、常に新しい情報が流れてくるため、ユーザーの関心を維持することが難しい状況です。

加えて、競合他社もオウンドメディアに取り組んでいるため、差別化を図ることが重要になります。

近年、コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングといった手法が注目されていますが、これらの手法は、ユーザーの関心を惹きつけ、自社のブランドや商品・サービスへの理解を深めてもらうことを目的としています。

そのため、競合他社との差別化を図るためには、質の高いコンテンツを制作し、ユーザーに価値を提供することが不可欠です。

また、SEO対策やソーシャルメディアマーケティングなど、適切な戦略を駆使することで、より多くのユーザーにリーチし、自社の存在感を高めることができます。

明確な目的がない

オウンドメディアを始める目的が不明確である場合、その運営は効果を発揮しにくいです。

目的が曖昧だと、コンテンツ制作も方向性を見失いがちです。

例えば、単にウェブサイトを立ち上げただけで、具体的な目標やターゲットユーザーを定めていない場合、コンテンツの内容もバラバラになり、ユーザーに響かない可能性があります。

また、目的が明確でないため、運営チームもモチベーションを維持することが難しく、結果的に更新が滞ってしまう可能性もあります。

オウンドメディアを成功させるためには、明確な目的を設定し、その目的を達成するための具体的な戦略を立てることが重要です。

例えば、ブランド認知度向上、顧客獲得、リードジェネレーション、顧客エンゲージメント向上など、具体的な目標を設定することで、コンテンツ制作の方向性が明確になり、チーム全体が同じ方向を向いて努力することができます。

さらに、目標達成のための指標(KPI)を設定することで、進捗状況を把握し、必要に応じて戦略を修正することができます。

オウンドメディアを成功させるポイント

オウンドメディアを成功させるポイント

オウンドメディアを成功させるポイントには、次のような理由が挙げられます。

  • 明確な目標設定
  • ターゲットユーザーの明確化
  • SEOとコンテンツ戦略

下記ではオウンドメディアを成功させるポイントについて詳しく解説していきます。

明確な目標設定

まず第一に、オウンドメディアの成功には具体的かつ達成可能な目標設定が必要です。

これにより、チーム全体が同じ方向を向いて努力できます。

例えば、ウェブサイトへのアクセス数を増やす、特定の商品の認知度を向上させる、リード獲得数を増やすなど、具体的な目標を設定することで、運営の方向性が明確になります。

また、目標を達成するための指標(KPI)を設定することで、進捗状況を把握し、必要に応じて戦略を修正することができます。

目標設定は、オウンドメディア運営の成功を左右する重要な要素です。

目標が明確であれば、コンテンツ制作の方向性も定まり、チーム全体が同じ方向を向いて努力することができます。

また、目標を達成するための指標(KPI)を設定することで、進捗状況を把握し、必要に応じて戦略を修正することができます。

参考:オウンドメディアの分析手法と改善策を徹底解説

ターゲットユーザーの明確化

ターゲットとなるユーザーを明確にし、その関心やニーズに応えるコンテンツを制作することが重要です。

これにより、効果的なリーチを実現できます。

例えば、自社の商品やサービスに興味を持つ可能性のあるユーザー層を特定し、その層に合わせたコンテンツを制作することで、より効果的に情報を届けられます。

また、ユーザーの行動や属性を分析することで、より詳細なターゲット層を把握し、よりパーソナライズされたコンテンツを提供することができます。

ターゲットユーザーを明確にすることは、オウンドメディア運営において非常に重要です。

ターゲットユーザーを特定することで、どのようなコンテンツを制作すれば、ユーザーの関心を惹きつけられるのか、どのようなチャネルで情報発信すれば、ユーザーに届きやすくなるのか、といったことが明確になります。

さらに、ターゲットユーザーの行動や属性を分析することで、より詳細なターゲット層を把握し、よりパーソナライズされたコンテンツを提供することができます。

SEOとコンテンツ戦略

適切なSEO対策と質の高いコンテンツ制作は、オウンドメディアの効果を最大化するための基本です。

ユーザーが求める有益な情報を提供することで、自然な流入が期待できます。

例えば、ウェブサイトの構造やコンテンツの内容をSEOに最適化することで、検索エンジンのランキングで上位表示されやすくなります。

また、ユーザーの検索意図を理解し、ニーズに応えるような質の高いコンテンツを制作することで、ユーザーの満足度を高め、サイトへの滞在時間を長くすることができます。

SEO対策は、オウンドメディア運営において非常に重要な要素です。

適切なSEO対策を行うことで、検索エンジンのランキングで上位表示されやすくなり、より多くのユーザーにリーチすることができます。

また、質の高いコンテンツを制作することで、ユーザーの満足度を高め、サイトへの滞在時間を長くすることができます。

SEO対策とコンテンツ戦略を連携させることで、より効果的なオウンドメディア運営を実現することができます。

参考:オウンドメディアの種類とその特徴を徹底解説

オウンドメディア運営の失敗事例と原因

オウンドメディア運営の失敗事例と原因

オウンドメディア運営の失敗事例と原因には、次のような理由が挙げられます。

  • 更新が続かない
  • 適切な運営体制が整っていない
  • 短期的な成果を求めすぎる

下記ではオウンドメディア運営の失敗事例と原因について詳しく解説していきます。

更新が続かない

オウンドメディアの継続更新は非常に重要です。

更新が停滞してしまうと、ユーザー離れが起き、SEO効果も低下します。

例えば、ウェブサイトの更新が滞ると、ユーザーは最新の情報が得られないため、他のサイトに移ってしまう可能性があります。

また、検索エンジンは頻繁に更新されるウェブサイトを評価するため、更新が滞るとランキングが下がる可能性があります。

そのため、定期的に新しいコンテンツを公開し、ユーザーの関心を維持することが重要です。

オウンドメディアは、常に新しい情報を発信し続けることで、ユーザーの関心を惹きつけ、サイトへのエンゲージメントを高めることができます。

更新が滞ると、ユーザーはサイトに価値を感じなくなり、他のサイトに移ってしまう可能性があります。

また、検索エンジンは頻繁に更新されるウェブサイトを評価するため、更新が滞るとランキングが下がる可能性があります。

そのため、定期的な更新は、オウンドメディア運営において非常に重要です。

適切な運営体制が整っていない

社内理解が得られず、専任チームが編成されていない場合、オウンドメディア運営は困難になります。

明確な役割分担と適切なリソースの確保が必要です。

例えば、コンテンツの企画、制作、編集、公開、分析など、それぞれの役割を担う担当者を配置し、チームとして連携することで、効率的な運営が可能になります。

また、オウンドメディア運営に必要な予算や人材を確保することで、質の高いコンテンツを制作し、継続的な更新を行うことができます。

オウンドメディア運営は、単独で完結するものではなく、社内外の様々な関係者との連携が不可欠です。

そのため、社内理解を得て、専任チームを編成することが重要です。

専任チームを編成することで、コンテンツ制作、SEO対策、分析など、それぞれの専門分野を担う担当者を配置し、効率的な運営体制を構築することができます。

また、予算や人材を確保することで、質の高いコンテンツを制作し、継続的な更新を行うことができます。

短期的な成果を求めすぎる

オウンドメディアの効果が現れるまでには時間がかかります。

短期的な成果を過度に期待すると、運営が途中で挫折してしまう可能性が高まります。

例えば、ウェブサイトを立ち上げてすぐにアクセス数や売上増加が見込めない場合、すぐに諦めてしまう企業も少なくありません。

しかし、オウンドメディアは長期的な視点で取り組むべきものであり、すぐに成果が出なくても、継続的に運営することで、徐々に効果が現れてきます。

オウンドメディアは、顧客との長期的な関係構築やブランドイメージの向上といった、短期的な数値では測れない価値を生み出す可能性を秘めています。

そのため、短期的な成果に固執するのではなく、長期的な視点でオウンドメディアに取り組むことが重要です。

継続的に質の高いコンテンツを制作し、ユーザーとのエンゲージメントを高めることで、徐々に効果が現れてきます。

参考:オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いを解説

オウンドメディアで成功するための長期的な視点

オウンドメディアで成功するための長期的な視点

オウンドメディアで成功するための長期的な視点には、次のような理由が挙げられます。

  • 戦略的な運営
  • 社内外のリソースの最適化
  • 定期的な分析と改善

下記ではオウンドメディアで成功するための長期的な視点について詳しく解説していきます。

戦略的な運営

長期的視点での戦略的な運営が求められます。

綿密な計画を立て、PDCAサイクルを回しながら運営することで、着実な成果を得ることが可能です。

例えば、オウンドメディアの目標、ターゲットユーザー、コンテンツ戦略、運営体制などを明確に定義し、計画書を作成します。

その後、実際に運営を開始し、定期的にデータ分析を行い、計画と実績を比較することで、改善点を発見し、戦略を修正していきます。

オウンドメディアは、単発的な活動ではなく、継続的な取り組みが必要です。

そのため、長期的視点での戦略的な運営が重要になります。

綿密な計画を立て、PDCAサイクルを回しながら運営することで、着実な成果を得ることができます。

計画書を作成し、定期的にデータ分析を行い、計画と実績を比較することで、改善点を発見し、戦略を修正していくことで、より効果的なオウンドメディア運営を実現することができます。

社内外のリソースの最適化

内製と外注をバランスよく活用し、効果的な運営体制を構築しましょう。

これにより、リソースの無駄を減らし、専門的な知識を取り入れることができます。

例えば、コンテンツの企画や制作は社内で行い、SEO対策やデザインは専門業者に外注することで、それぞれの専門性を活かした運営体制を構築できます。

また、社内外の専門家との連携を強化することで、より質の高いコンテンツを制作し、効果的なオウンドメディア運営を実現できます。

オウンドメディア運営には、様々な専門知識やスキルが必要となります。

そのため、社内リソースと外注をバランスよく活用することで、より効果的な運営体制を構築することができます。

例えば、コンテンツの企画や制作は社内で行い、SEO対策やデザインは専門業者に外注することで、それぞれの専門性を活かした運営体制を構築できます。

また、社内外の専門家との連携を強化することで、より質の高いコンテンツを制作し、効果的なオウンドメディア運営を実現できます。

定期的な分析と改善

定期的にデータを分析し、必要に応じて戦略を見直すことで、オウンドメディアの効果を最大限に引き出すことができます。

例えば、ウェブサイトのアクセス状況、ユーザーの行動履歴、ソーシャルメディアでの反応などを分析することで、コンテンツの改善点や新たな戦略を見つけることができます。

また、競合他社の動向を分析することで、自社のオウンドメディアを差別化するためのヒントを得ることができます。

オウンドメディア運営は、一度設定したら終わりではなく、常に改善を続けることが重要です。

定期的にデータを分析し、必要に応じて戦略を見直すことで、より効果的なオウンドメディア運営を実現することができます。

例えば、ウェブサイトのアクセス状況、ユーザーの行動履歴、ソーシャルメディアでの反応などを分析することで、コンテンツの改善点や新たな戦略を見つけることができます。

また、競合他社の動向を分析することで、自社のオウンドメディアを差別化するためのヒントを得ることができます。

オウンドメディア成功への道筋を描こう

オウンドメディアを成功させるためには、明確な目標設定と戦略的な運営が不可欠です。

長期的な視点でリソースを最適化し、継続的に改善を行うことで、真に意味のあるメディアを構築しましょう。

オウンドメディアは、企業と顧客をつなぐ重要なコミュニケーションツールです。

顧客との信頼関係を築き、ブランド価値を高めることで、ビジネスの成長に貢献することができます。

オウンドメディアは、単なる情報発信ツールではなく、顧客との長期的な関係構築やブランド価値向上といった、ビジネスの成長に貢献する重要なコミュニケーションツールです。

明確な目標設定、戦略的な運営、継続的な改善を続けることで、真に意味のあるオウンドメディアを構築し、ビジネスの成功に繋げることができます。

目次