オウンドメディアの作り方!事前準備から運用までを詳しく解説

オウンドメディアは企業のブランディングや集客に非常に効果的な手法ですが、その立ち上げには戦略的な準備が必要です。この記事では、オウンドメディアの作り方から運用までを詳しく解説します。

オウンドメディア制作

株式会社エンカラーズは横浜のデジタルマーケティングカンパニーです。実際にウェブメディアやEC事業の運営を創業時から現在まで行っているからこそ提供できる実践的なノウハウを発信致します。

事業内容・サービス

デジタルマーケティング支援(SEO対策・Web制作・ECサイト制作・コンサルティング・広告運用代行)

目次

オウンドメディアの作り方:事前準備

オウンドメディアの作り方を解説する前に事前準備を4つのステップに分けて紹介します。

オウンドメディアの意味や定義から知りたい方は下記の記事でわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

参考:オウンドメディアとは?わかりやすく簡単に解説

オウンドメディアの作り方:事前準備
  • 目的と目標設定
  • ターゲットとコンセプトの設定
  • KPIの設定
  • SEOとキーワード選定

目的と目標設定

オウンドメディアを立ち上げる目的を明確にし、そのための具体的な目標を設定することが重要です。

目的は、ブランド認知度向上、リード獲得、売上向上など、企業のビジネス目標と一致している必要があります。

目標は、数値化できるものが望ましく、達成状況を定期的に確認することで、オウンドメディアの運用を効果的に進めることができます。

ターゲットとコンセプトの設定

オウンドメディアのターゲットとなるユーザーを明確に定義し、そのユーザーに響くようなコンセプトを設定する必要があります。

ターゲットユーザーの属性、ニーズ、興味関心を分析し、彼らが求める情報やコンテンツを理解することが重要です。

コンセプトは、オウンドメディア全体のテーマや方向性を示すものであり、ターゲットユーザーに共感され、記憶に残るようなものが理想です。

KPIの設定

オウンドメディアの運用状況を評価するために、KPI (重要業績評価指標)を設定する必要があります。

KPIは、目的と目標達成度を測るための指標であり、ウェブサイトへのアクセス数、コンバージョン率、ソーシャルメディアでのエンゲージメント数など、具体的な数値目標を設定します。

KPIを設定することで、オウンドメディアの成果を客観的に評価し、改善策を検討することができます。

SEOとキーワード選定

オウンドメディアを検索エンジンで上位表示させるためには、SEO対策が不可欠です。

SEO対策とは、検索エンジンにウェブサイトの内容を理解させ、検索結果で上位表示されるようにするための対策です。

キーワード選定は、SEO対策において最も重要な要素の一つであり、ターゲットユーザーが検索する可能性の高いキーワードを調査し、ウェブサイトのコンテンツに適切に盛り込む必要があります。

オウンドメディアの作成と運用

オウンドメディアの作成方法と運用に必要なものについてここでは紹介します。

オウンドメディアの作成と運用
  • ドメインとサーバーの選定
  • CMSの導入
  • デザインとブランディング

ドメインとサーバーの選定

オウンドメディアを構築するためには、ドメインとサーバーを準備する必要があります。

ドメインは、ウェブサイトの住所のようなものであり、企業名やブランド名などを含む、覚えやすく、関連性の高いものを選択することが重要です。

サーバーは、ウェブサイトのデータを保存し、アクセス者に情報を提供するためのシステムであり、信頼性の高いサーバーを選ぶことが重要です。

CMSの導入

CMS(コンテンツ管理システム)は、ウェブサイトのコンテンツを管理するためのシステムです。

WordPress、Drupal、Joomlaなど、様々なCMSが提供されています。

CMSを導入することで、専門知識がなくても簡単にウェブサイトの更新や管理を行うことができます。

オウンドメディアの規模や目的に合わせて、適切なCMSを選択することが重要です。

デザインとブランディング

オウンドメディアのデザインは、ブランドイメージを構築し、顧客に好印象を与える上で重要な要素です。

ターゲットユーザーに合わせたデザインにすることで、ウェブサイトへの滞在時間を長くし、エンゲージメントを高めることができます。

ブランディングは、企業やブランドの価値観や個性などを表現することで、顧客との共感を深め、ブランドロイヤルティを育むことを目指します。

オウンドメディアのコンテンツ戦略と作成方法

オウンドメディアにはコンテンツ作成が必要不可欠です。ここではオウンドメディアのコンテンツ戦略とコンテンツの作成方法について解説します。

オウンドメディアのコンテンツ戦略と作成方法
  • 対策キーワードを基にしたコンテンツ作成
  • 記事構成の作成と執筆
  • 公開後の分析と改善
  • 内部リンクと外部リンクの活用

対策キーワードを基にしたコンテンツ作成

ターゲットユーザーが検索する可能性の高いキーワードを調査し、そのキーワードに関連するコンテンツを作成することが重要です。

キーワード調査ツールなどを活用することで、効果的なキーワードを見つけることができます。

コンテンツは、ターゲットユーザーのニーズを満たし、価値を提供するものでなければなりません。

記事構成の作成と執筆

記事構成は、読者の興味を引きつけ、最後まで読ませるための重要な要素です。

導入、展開、結論という基本的な構成を意識し、読者の理解を深めるような文章を作成します。

記事の執筆には、SEO対策を意識し、キーワードを適切に配置することが重要です。

公開後の分析と改善

コンテンツを公開した後も、そのパフォーマンスを分析し、改善を続けることが重要です。

GoogleAnalyticsなどのツールを活用することで、ウェブサイトへのアクセス数、滞在時間、コンバージョン率などのデータを取得し、分析することができます。

分析結果に基づいて、コンテンツの内容やSEO対策などを改善することで、オウンドメディアの効果を高めることができます。

内部リンクと外部リンクの活用

内部リンクは、ウェブサイト内の他のページへのリンクであり、ユーザーのサイト内での移動を促し、滞在時間を長くすることができます。

外部リンクは、他のウェブサイトからのリンクであり、ウェブサイトの信頼性や権威性を高める効果があります。

内部リンクと外部リンクを適切に活用することで、SEO対策を強化し、ウェブサイトへのトラフィックを増やすことができます。

オウンドメディア作成後の運用と効果測定

オウンドメディアは定期的な効果測定をすることで成果を最大化することができます。ここではオウンドメディア作成後の運用と効果測定について解説します。

オウンドメディア作成後の運用と効果測定
  • 効果的な運用体制の構築
  • データ分析ツールの活用
  • 継続的な改善とPDCAサイクル

効果的な運用体制の構築

オウンドメディアの運用には、コンテンツ作成、SEO対策、データ分析など、様々な業務が含まれます。

効果的な運用体制を構築するためには、それぞれの業務を担当するメンバーを配置し、役割分担を明確にすることが重要です。

また、定期的なミーティングを行い、進捗状況や課題などを共有することで、チーム全体の連携を強化することができます。

データ分析ツールの活用

GoogleAnalyticsやGRCなどのデータ分析ツールを活用することで、オウンドメディアの運用状況を詳細に分析することができます。

データ分析ツールは、ウェブサイトへのアクセス数、滞在時間、コンバージョン率などのデータを収集し、可視化することで、改善策を検討するための重要なツールです。

継続的な改善とPDCAサイクル

オウンドメディアは、常に変化する顧客ニーズや市場動向に対応していく必要があります。

そのため、PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Action) を活用し、継続的な改善を心がけることが重要です。

PDCAサイクルとは、計画 (Plan)、実行 (Do)、評価(Check)、改善 (Action) の4つのステップを繰り返すことで、目標達成に向けて改善を続けるサイクルです。

まとめ

オウンドメディアは、企業のブランディングや集客において非常に効果的な手法です。その立ち上げには、目的と目標の明確化、ターゲットとコンセプトの設定、KPIの設定、SEO対策など戦略的な準備が不可欠です。

また、ドメインとサーバーの選定、CMSの導入、デザインとブランディングも重要な要素です。コンテンツ戦略では、対策キーワードを基にした記事作成が求められ、公開後の分析と改善が成功の鍵となります。

さらに、内部リンクと外部リンクを適切に活用し、効果的な運用体制を構築することで、オウンドメディアの成果を最大化できます。データ分析ツールを活用し、PDCAサイクルを回し続けることが、継続的な改善と成長につながります。

目次