オウンドメディアの分析手法と改善策を徹底解説

オウンドメディアの運用においてオウンドメディアの分析と改善は必ずと言っていいほど重要なものになります。

この記事では、オウンドメディアの効果的な分析方法と指標の立て方、さらに改善策について詳しく解説します。オウンドメディアを成功へ導くための具体的な方法を学びましょう。

株式会社エンカラーズは横浜のデジタルマーケティングカンパニーです。実際にウェブメディアやEC事業の運営を創業時から現在まで行っているからこそ提供できる実践的なノウハウを発信致します。

事業内容・サービス

デジタルマーケティング支援(SEO対策・Web制作・ECサイト制作・コンサルティング・広告運用代行)

目次

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは

オウンドメディアの分析手法と改善策を紹介する前に、「オウンドメディアとは何か」改めて整理しましょう。

  • オウンドメディアの基本概念
  • オウンドメディアの役割
  • オウンドメディアの効果的な運営方法

オウンドメディアの基本概念

オウンドメディアとは、企業が自ら所有し運営するメディアのことを指します。具体例としてはブログや企業ウェブサイトなどがあります。

オウンドメディアは、企業が自社のメッセージを直接顧客に届け、関係性を構築するための重要なツールとして注目されています。従来の広告や広報活動とは異なり、企業が主体的に情報を発信することで、顧客との信頼関係を築き、ブランドイメージの向上や売上増加につなげることが期待できます。

参考:オウンドメディアの種類とその特徴を徹底解説

オウンドメディアの役割

オウンドメディアは、情報発信と顧客とのコミュニケーションを目的とし、ブランド認知の向上や売上促進に寄与します。

具体的には、以下のような役割を果たします。

  • ブランド認知度向上
    顧客に自社のブランドや商品・サービスについて理解を深めてもらう
  • 顧客エンゲージメント強化
    顧客との継続的なコミュニケーションを通じて、顧客の関心を高め、関係性を強化する
  • リード獲得
    潜在顧客を獲得し、営業活動につなげる
  • 売上増加
    商品・サービスの販売促進を図る
  • 顧客満足度向上
    顧客の声を収集し、商品・サービスの改善に役立てる
  • 競合との差別化
    独自性の高いコンテンツを提供することで、競合との差別化を図る

オウンドメディアは、これらの役割を果たすことで、企業のビジネス目標達成に貢献します。

オウンドメディアの効果的な運営方法

オウンドメディアを効果的に運営するためには、計画的なコンテンツ作成と定期的な更新が重要です。ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを提供し続けることが求められます。

以下に、効果的な運営方法をいくつか紹介します。

  • ターゲットオーディエンスの明確化
    どのような人に情報を届けたいのか、ターゲットを明確に定義します。
  • コンテンツテーマの選定
    ターゲットのニーズや関心に合わせたコンテンツテーマを選びます。
  • コンテンツカレンダーの作成
    いつ、どのようなコンテンツを公開するか、スケジュールを立てます。
  • SEO対策
    検索エンジンで上位表示されるように、SEO対策を施します。
  • ソーシャルメディアとの連携
    FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用して、コンテンツの拡散を図ります。
  • 分析と改善
    掲載したコンテンツのアクセス状況やユーザー行動を分析し、改善策を検討します。

これらの要素をバランス良く組み合わせることで、効果的なオウンドメディア運営を実現できます。

オウンドメディア分析ツールの紹介

オウンドメディア分析ツールの紹介

オウンドメディア分析ツールには、次のような理由が挙げられます。

下記ではオウンドメディア分析ツールについて詳しく解説していきます。

  • Google Analytics
  • Google Search Console
  • GRC
  • パスカル

分析ツールを利用することでオウンドメディア運営において失敗が少なくなりますのでぜひ参考にしてください。

参考:オウンドメディアに意味はない?失敗の原因と成功への戦略

Google Analytics

Google Analyticsは、ウェブサイトのトラフィックやユーザー行動を詳細に分析できる強力なツールです。ウェブサイトへのアクセス数、ページビュー数、滞在時間、離脱率などのデータを取得し、ユーザーの行動パターンを把握することができます。

Google Analyticsを利用することで、ウェブサイトの改善点を見つけ出し、より効果的なコンテンツ制作やマーケティング施策を実行することができます。

Google Search Console

Google Search Consoleは、検索トラフィックとオンラインパフォーマンスを最適化するために使用されます。ウェブサイトがGoogle検索でどのように表示されているか、検索クエリ、クリック数、表示回数などの情報を提供します。

Google Search Consoleを活用することで、SEO対策の効果を測定し、ウェブサイトの検索ランキングを向上させることができます。

GRC

GRCは検索順位の追跡を簡単に行えるツールで、SEO対策に役立ちます。キーワードごとの順位変動をグラフで確認できるため、SEO対策の効果を可視化することができます。

また、競合サイトの順位も確認できるため、競合分析にも役立ちます。

パスカル

パスカルはウェブサイトのパフォーマンスやユーザーエクスペリエンスを分析するツールです。ページの読み込み速度、ユーザーのクリック行動、スクロール量などのデータを収集し、ウェブサイトの改善点を見つけ出すことができます。

パスカルを利用することで、ユーザーにとって使いやすいウェブサイトを構築し、コンバージョン率の向上につなげることができます。

オウンドメディアの指標について

オウンドメディアの指標について

オウンドメディアの指標には、次のような項目が挙げられます。下記ではオウンドメディアの指標について詳しく解説していきます。

  • KGIとKPIの設定
  • 効果的な指標の設定方法
  • 実際の指標具体例

KGIとKPIの設定

KGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Performance Indicator)は、オウンドメディアのパフォーマンスを測るための重要な指標です。KGIは、オウンドメディア全体の目標を定量的に示す指標であり、KPIはKGI達成のために設定する具体的な指標です。

効果的な指標の設定方法

効果的な指標を設定するためには、ターゲットオーディエンスに沿った具体的で達成可能な指標を設定することが重要です。例えば、ブランド認知度向上をKGIとする場合、KPIとして以下のような指標を設定することができます。

  • ウェブサイトへのアクセス数
  • ソーシャルメディアでのフォロワー数
  • ブランドに関する検索ボリューム
  • メディア掲載数

これらの指標を定期的に測定することで、オウンドメディアの成果を把握し、改善策を検討することができます。

実際の指標具体例

オウンドメディアの分析では、様々な指標が用いられます。以下に、具体的な指標例を紹介します。

  • アクセス数
    ウェブサイトへのアクセス数を測定します。
  • ページビュー数
    ウェブサイトの各ページの閲覧数を測定します。
  • セッション数
    ユーザーがウェブサイトにアクセスした回数(セッション)を測定します。
  • 滞在時間
    ユーザーがウェブサイトに滞在した時間を測定します。
  • 直帰率
    ウェブサイトにアクセスしたユーザーが、他のページを見ずにすぐにサイトを離れてしまった割合を測定します。
  • コンバージョン率
    ウェブサイトの目標達成率(例:資料請求、購入、会員登録など)を測定します。
  • ソーシャルメディアでのシェア数
    ソーシャルメディアでコンテンツが共有された回数を測定します。
  • エンゲージメント
    ソーシャルメディアでのいいね数、コメント数、リツイート数などを測定します。

これらの指標を分析することで、ユーザーの行動パターンやコンテンツの評価を把握することができます。

オウンドメディアの分析が必要な理由

オウンドメディアの分析が必要な理由

オウンドメディアの分析が必要な理由には、次のような理由が挙げられます。下記ではオウンドメディアの分析が必要な理由について詳しく解説していきます。

  • ユーザーの評価を知るため
  • 戦略的な意思決定のため
  • 差別化と競争優位性の確保

ユーザーの評価を知るため

オウンドメディアの分析により、ユーザーがどのコンテンツを評価しているかを知ることができます。アクセス数、滞在時間、シェア数などの指標を分析することで、ユーザーの興味関心やニーズを把握することができます。

ユーザーの評価を理解することで、より効果的なコンテンツを制作し、顧客満足度向上につなげることができます。

戦略的な意思決定のため

得られたデータを基に、より効果的な戦略を策定することが可能になります。例えば、アクセス数の多いコンテンツを分析することで、ユーザーの興味関心を把握し、今後のコンテンツテーマや制作方針を決定することができます。

また、コンバージョン率の低いページを分析することで、改善点を見つけ出し、コンバージョン率向上につなげることができます。

差別化と競争優位性の確保

分析結果を利用して他の企業との差別化を図り、競争優位性を確立することができます。例えば、競合サイトの分析結果を参考に、自社の強みを活かしたコンテンツを制作することで、顧客の注目を集めることができます。

また、ユーザーの行動パターンを分析することで、競合との差別化ポイントを見つけ出し、独自の戦略を展開することができます。

参考:オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いを解説

オウンドメディアの改善策

オウンドメディアの改善策

オウンドメディアの改善策には、次のような理由が挙げられます。下記ではオウンドメディアの改善策について詳しく解説していきます。

  • 検索エンジンでの露出向上
  • ソーシャルメディアでのプロモーション
  • CTA(Call to Action)の最適化
  • クロスチャネル戦略の形成
  • 具体的な改善事例

検索エンジンでの露出向上

SEO対策を強化し、検索エンジンでの露出を増やすことでトラフィックを向上させます。キーワード調査、コンテンツの最適化、内部/外部リンク構築など、様々なSEO対策を施すことで、検索エンジンのランキングで上位表示されるようにします。

検索エンジンでの露出を向上させることで、より多くのユーザーにウェブサイトを見てもらうことができます。

ソーシャルメディアでのプロモーション

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを活用して、コンテンツの拡散を図ります。ソーシャルメディアでコンテンツを共有することで、より多くのユーザーにリーチすることができます。

また、ユーザーとのコミュニケーションを図ることで、ブランド認知度向上や顧客エンゲージメント強化につなげることができます。

CTA(Call to Action)の最適化

誘導効果の高いCTAを設置し、ユーザーのアクションを促進します。CTAとは、ユーザーに特定の行動を促す言葉や画像のことです。

例えば、資料請求、購入、会員登録など、ウェブサイトの目標達成につながる行動を促すCTAを設置することで、コンバージョン率向上につなげることができます。

クロスチャネル戦略の形成

異なるチャネルを組み合わせたクロスチャネル戦略で、さらなる効果を狙います。

例えば、ウェブサイト、ソーシャルメディア、メールマガジンなど、複数のチャネルを連携させることで、ユーザーへのリーチを拡大し、顧客とのエンゲージメントを強化することができます。

具体的な改善事例

実際に成功した改善事例を紹介し、具体的な方法を説明します。

例えば、ウェブサイトのアクセス解析の結果に基づいて、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツを制作した事例や、ソーシャルメディアでのキャンペーンを実施することで、ブランド認知度を向上させた事例などがあります。

これらの事例から、オウンドメディアの改善策を学ぶことができます。

参考:オウンドメディアのメリットとは?企業に役立つ活用法とポイントを解説

オウンドメディアの分析手法と改善策のまとめ

この記事では、オウンドメディアの分析方法と指標の立て方、さらに改善策について詳しく解説しました。オウンドメディアを効果的に運営するためには、ユーザーの行動を分析し、その結果に基づいて改善策を検討することが重要です。

この記事で紹介した分析手法や改善策を参考に、自社のオウンドメディアを成功させましょう。

目次